青汁商品のタイプ

画像

○ 粉末タイプの青汁のメリットとデメリット

世の中に出回っている青汁のほとんどが、粉末タイプの青汁です。このタイプの青汁のメリットはやはり手軽さですね。小さくて1本1本個包装になっているので、まとめて買っても置き場所に困りません。

また、粉末を水に溶かして飲むので上着のポケットにひょいと入れて持っていってもかさばりませんし、多くのメーカーから出ているので自分が好きなタイプの味を探せるバリエーションも豊富です。

デメリットとしては溶かさないと飲めない点です。粉っぽくてよく混ぜないとのど越しが悪く、混ぜるもの(水、牛乳、りんごジュースなど)によって味わいが大きく変わります。商品によっては、製造過程で熱処理を加え熱に弱いビタミンや酵素を壊しているケースもあります。栄養が豊富なはずの青汁が、実は豊富ではないということがあるため、選ぶ時点で注意が必要です。

○ 冷凍タイプの青汁のメリットとデメリット

冷凍タイプの青汁は工場でできたばかりの青汁を急速冷凍しているので、なんといっても新鮮なことが大きなメリットです。青汁の栄養素をそのまま身体に届けることが可能になります。1回分ごとに小分けされていて水に溶かす必要がないので、粉っぽいこともありません。

味にバラツキが生まれることもないので、いつ飲んでも青汁らしい味を楽しむことができます。ただし、青汁本来の味が苦手な方には敬遠されるかもしれません。味が濃いときには水で薄めることもできますけどね。

デメリットとしては、できたての青汁をすぐに冷凍しているので量が多いと、冷蔵庫内の場所を取ってしまうことです。小さな冷蔵庫しかない方がまとめ買いしたときには、冷凍庫に入りきれないことがあるかもしれませんね。

○ サプリメントタイプの青汁のメリットとデメリット

青汁の味が苦手だけど栄養は取りたい!という人にとってはサプリメントが向いているでしょう。栄養たっぷりだとわかっていても、青汁独特の苦みや青臭さで飲みすすめられないという方も意外と多いようです。

携帯する際にも、小さな錠剤でコップに溶かす必要もないようで、摂りたいときにいつでも飲めるというメリットも見逃せません。では、デメリットはなんでしょう?実は、粉末にした青汁を固形に加工するときに、少なからず添加物が使われていることがあります。

健康維持のために、毎日摂取する青汁ですが、できれば余計な添加物は避けたいですよね。添加物が使われているとしても、できるだけ負担がかからない材料が使われているものを選ぶ努力が必要になってきます。

TOPへ戻る